ウイスキーやビール、ワイン、日本酒、焼酎など世の中には様々なお酒があり、多くの方々に楽しまれています。
スナックやラウンジなどに行くと、必ず「水割りをどうぞ」「ビールにしますか?」とお酒が出てきますよね。

私たちの生活に馴染み深いお酒ですが、特にウイスキーとブランデーは見た目が大変良く似ており一体何がどう違うのか分かりにくい面も。
このページではブランデーの階級や特徴などについてまとめています。

ウイスキーとブランデーの違い


ウイスキーとブランデー、両者は同じ琥珀色のお酒という事で見ただけでは判断できません。
ただ見た感じは同じでもこの両者には大きな違いがあります。
それは原材料の差ですね。

ウイスキーの原材料はトウモロコシや大麦、ライ麦などの穀物なのに対し、ブランデーは白葡萄やリンゴ、洋ナシなど果実が原料となっています。
ウイスキーは穀物を発酵・蒸留させて作ったお酒、ブランデーは果実(主に白葡萄)を発酵、蒸留させて出来たお酒です。

蒸留させているのでアルコール度数がかなり高いのが特徴で、ブランデーもウイスキーもアルコール度数は約40%とかなり高め。
特に果実から作られるブランデーは華やかな芳香が魅力で、その香りを存分に楽しむためにはそのままストレートで飲む、または温めたグラスにブランデーを注ぐと濃厚な香りが楽しめます。
ブランデーの産地はフランスやイタリア、スペイン、アメリカ、日本などいくつかありますが、圧倒的に生産量が多いのはフランス。

ウイスキーはワインを蒸留して作るお酒なので、美味しいワインの生産地であるフランスが最も有利。
ボルドー地方の北部にあるコニャック、またボルドー地域の南方に位置するアルマニャックは二大産地で、これらエリアで一定条件で生産されたブランデーのみ「コニャック」「アルマニャック」と称する事が出来ます。
つまり地名をつけて他のエリアを差別化を図りたい「大事なブランド」と言う事なんですね。

ブランデーとウイスキー、見た目は非常によく似ていますし製造工程にも大きな違いはありません。
ただ原材料が穀物と果実であるため、風味や味わいに大きな差異が生まれるのです。

ブランデーの階級


ブランデーを選ぶとき、V.S.(Very Special)やナポレオンと表記されているのを見た方もいると思います。
テレビCMなどでは「V.S.O.P.(Very Superior Old Pale)」と言われているウイスキーもあります。

「V.S.とかV.S.O.Pって一体なんだろう?」と不思議に思えますよね。
実はウイスキーには階級が存在し、その等級によって表記が変わってきます。
階級の目安は熟成度合い。そのランクには以下のようなものがあります。

スリースターやV.S. (Very Superio)、V.O. (Very Old)、V.S.O.P. (Very Superior Old Pale)、ナポレオンなど。他にもX.O. (Extra Old)やHors d'âge(オール・ダージュ)などのランクがあります。
あくまでも熟成度による表記なので、成熟度の高いX.O. (Extra Old)よりもV.S.O.P. (Very Superior Old Pale)の方が高価な商品もあります。

産地やブランドにより商品価格が変わってきますので、等級だけで価格が決まるわけではありません。
酒買取り業界では、高級酒(レミーマルタン ルイ13世 ブラックパールなど)になると買取価格が60万円を軽く超えるものもあります。
もし自宅に高級ブランデーが眠っているのなら、一度査定してもらうと良いです。