カミュは、レミーマルタンやヘネシー、マーテルなどのコニャック地方を代表するブランデーメーカーの一つ。
老舗ブランドとして有名で、創業から約150年、最高品質のブランデー作りに尽力しています。
コニャックメーカーの中では、唯一家族経営を続けているのがカミュ。

そのため商品の製法や使用する葡萄などのこだわりを家族間で引き継いでおり、確固としたポリシーや伝統、プライドがあります。
そんな有名ブランデーメーカー・カミュについてまとめていまるので、是非参考にしてくださいね。

ブランデーメーカー「カミュ」について

カミュ社は1863年に創業されており、最古参のマーテルに比べると150年も若いブランデーメーカーになります。
カミュはコニャックメーカーの中で唯一家族経営を続けており、現在は5代目の経営者でブランデー作りを行っているんですね。
家族経営のコニャックメーカーで最大手になります。

カミュの製造するブランデーの特徴は飲み口の柔らかさと優しさ。
個性が強すぎないので日本人の口に合うと評価される程です。
もし初めてのブランデーを選ぶのなら、カミュの製品を購入してみるのも良いですね。
国内でも比較的購入しやすいのがカミュの特徴なので、気になる方は店頭やネット通販で確認してみてください。

イメージ引用サイト:https://www.sakekaitori.com/purchase-list/brandy/cognac/camus-xo/


「カミュ」を代表する商品は?

現在国内で流通しているカミュのブランデーでもポピュラーなものに「カミュ VSOPエレガンス」が挙げられます。
ネット通販では4千円前後の物が多く商品の数も多いため、価格も安定しています。
カミュのブランデーを初めて飲む方は、このランクからがお勧め。

原酒を厳選されたオーク樽で熟成させたブランデーで果実の香りが華やか。
他にも「カミュ XOエレガンス」や「カミュボルドリーVSOP」「カミュボルドリーXO」「イル・ド・レ ファインアイランド」などの商品が流通しています。
特に「イル・ド・レ ファインアイランド」は塩味が残る独特の風味が特徴で、スコッチウイスキー愛好者にも受け入れられるテイストに仕上げられています。

イメージ引用サイト:https://www.sakekaitori.com/purchase-list/brandy/cognac/camus-xo/

「カミュ」の買取り価格はいくら?

酒買取り業者によるカミュの買取り価格ですが、全体的に高価なものは少なめ。
「カミュ トラディション バカラ 700ml」は買取り価格約5万円、「カミュ ミッシェル ロイヤル バカラ 700ml」は約7万円と、バカラ社製の特製クリスタルボトルを使用した商品は希少価値が高く、市場でも高額で取引されています。

イメージ引用サイト:https://www.cognac-expert.com/xo-cognac/camus-xo-cognac-borderies